理工系ブログ at 理工系.com

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

科学技術の発展

科学技術の発展により、医学の進歩が生まれている。昔は治らなかった病気が、現在では治るようになっているものも多い。

医学研究には、様々な分野の理系が貢献している。医学を支える生命科学、生命科学を支える諸科学など、科学技術の諸分野は助け合って発展している。

日常生活でも科学技術の勝利を感じることが多くなっているのではないだろうか。たとえば、携帯電話の通話可能エリアの拡大も科学技術の勝利の一例であろう。

携帯電話の技術を開発した理系は人命救助と関係しているだろう。たとえば、衛星技術等によって、全世界が携帯電話で通信可能になると、発展途上国の人々の人命救助に役立つ可能性があるだろう。

広範な科学技術が人命救助に役立っていることを多くの人が認識すれば、理系の重要性への認識がより高まっていくのではないだろうか。

科学技術の発展

科学技術の発展の速度は、理系の地位向上の度合いによって変わってくるだろう。

理系の地位を向上させれば、科学技術の発展の速度は上がるだろう。理系の地位を低下させれば、科学技術の発展の速度は下がるだろう。

科学技術の発展は、人命救助のためにも必要となる。平均寿命が伸びてきたのは、科学技術の貢献が大きい。

現在でも病気、老化、環境、貧困等の問題は解決されていない。科学技術の発展を待ち望んでいる人は多い。

科学技術の発展を待ち望んでいる人が、理系の地位向上を待ち望むようになれば、科学技術の発展が実現するのではないだろうか。

科学技術の将来予測

科学技術の将来予測や未来予測は色々あるが、人命救助の観点からのものは珍しいのではないだろうか。

科学技術予測未来年表は、人命救助や人間の可能性の追求という観点から、科学技術の将来予測を行なっている。

10年後、30年後、50年後の未来はどうなるであろうか?

将来の予測は難しいが、いずれにせよ理系の地位向上がどのようになされるかによって、未来は変わってくるのではないだろうか。

理系による地震対策

理系が地震対策に貢献していることは一般の人にあまり意識されていないのではないだろうか。

大きな震度の地震でも被害が発展途上国のようには大きくならないのは多くの理系の貢献があるだろう。理系の作り上げた耐震建築、インフラ、災害救助網、安全装置などは人命救助に役に立っている。

地震の際の救助についても、文系の役割も大きいが、技術が必要とされることが多く、理系の役割が大きいであろう。

今後の科学技術の発展により地震対策を進めていくことが重要であろう。

科学技術への感謝の気持ち

科学技術への感謝の気持ちが重要だと思います。

科学技術の発展は、人命救助につながっていくばかりではなく、多くの人生の悲惨さを緩和します。

平安時代の人は、疫病、飢餓、戦乱、あまりにも早い死や愛する人との別れなど多くの人生の苦しみにさらされていました。

平安時代の人から見れば、現代は夢のように恵まれた時代に思えるでしょう。

現代人は科学技術への感謝の気持ちを毎日感じるべき立場にいるといえるでしょう。

多くの人が科学技術への感謝の心を毎日感じることが、日本の科学技術の発展に向けての確かな石杖となるのではないでしょうか。 

科学技術の進歩への感謝の気持ち

科学技術の進歩への感謝の気持ちが重要ではないだろうか。

インターネットや携帯電話が使えることはもとより、環境技術の進歩、各種の新製品の登場、各種のサービスの進歩など多くの恩恵があるだろう。

そして、医学の進歩への理系の貢献がある。新しい治療法により治癒率はアップしている。新薬のみではなく、治療機器、治療器具の改良などによっても、治癒率はアップしている。

科学技術の進歩への感謝の気持ちが深くなると、科学技術を支える科学技術関連人材への感謝と興味も大きくなるのではないだろうか。

人間は支えあって生きているという事実が、数多くの目に見えない理系の人々の科学技術への貢献によって支えられていることをすべての人が意識したとき、日本の科学技術の飛躍の年が訪れるのではないだろうか。

戦前の日本の科学技術立国

戦前の日本の科学技術立国について調べてみた。

科学技術関係の人材の地位は、軍事に関係するものは高くなっている。

しかし、日本全体の科学技術水準を引き上げるのに必要な基礎的な部門の人材の地位向上については不十分と感じた。八木アンテナの流出もその一例であろう。

結局、軍事に直接関係すると考えたところに力を入れ、基礎的な科学技術水準の向上が軽視された感がある。

戦前の日本の科学技術立国も不十分なものであったように思われる。
1/1