理工系ブログ at 理工系.com

<< April 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

理工系の地位向上運動の目的

理系の地位向上運動は、科学技術の進歩のためのものである。

科学技術の進歩をよいことと考えるか悪いことと考えるのかは、人それぞれであろう。価値観は人によって違う。

しかし、仮に科学技術の進歩を肯定する場合、次に「科学技術の進歩を促進させるためには、理系の地位を上げる方がよいか下げる方がよいか」という命題の答を出さなければならない。

これは、検証可能な命題である。少なくとも理系離れが生じてしまうのであれば、科学技術の進歩を阻害することは自明であろう。

日本は、科学技術立国を採っている。国としては科学技術の進歩を肯定する立場である。金融立国、資源立国、農業立国、観光立国など他の有力な手段があれば、日本が科学技術立国を捨て去ることができるかもしれないが、日本が科学技術立国を捨てられるほどの代替案は今のところ示されていない。

日本は科学技術立国を推進しているのに、理系離れが生じているのである。これは深刻な矛盾ではないだろうか。

理工系の地位向上運動の目的は、科学技術の進歩にある。自分の地位を上げてほしいというだけの私利私欲の運動ではないのである。
1/1